Uteku510のブログ

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ワークライフバランス への意識

どうもうてくです。

働くうえでよくきく言葉が

”ワークライフバランス”

これについての意識を書こうと思います。

f:id:Uteku510:20180910163605j:plain

私がいままできいてきて

一言にワークライフバランスと言っても

人によってその言葉のもつ意味が違うと思いました。

意味としては

ワークライフバランス(英: work–life balance)とは、「仕事と生活の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指す。」※Wikipedia 引用

とあります。

大まかにいえば二種類の人がいるかなと感じました。

簡単に言うと

「仕事のために休日 身体を休める」という発想の人と

「休日遊んだり楽しむために仕事をしている」という人です。

この二種類の人達の会話がかみ合うところを見たことがありません。

どちらが正解ということはないですが

お互いがお互いの考えを理解しないと平行線のままではないでしょうか。

 

上の世代に考えを合わせるわけではないのですが

若い世代に仕事とプライベートを分けたがる人が多いように思います。

 

私的には

生きて人生を楽しむということにフォーカスした場合

仕事もプライベートも分けない方がストレスは減ると考えています。

一般的な9時から18時 働くというのは理にかなってないと思っております。

どんな仕事も忙しい時とそうでない時があるかと思いますが

そのそうでない時にわざわざ時間で管理するのは滑稽です。

 

いろいろな意見はあると思いますが

基本的に能力給や成功報酬にすることにより

世の中の成長につながり

同時に

ワークライフバランスもとれると思います。